藤沢/神奈川の不動産査定・買取なら【神奈川不動産買取査定センター】

神奈川の不動産買取り
不動産査定のお問い合わせ
不動産のお問い合わせはこちら
トップページ > 不動産買取査定の新着情報 > 自粛中の、新築戸建の価格変更プライスダウンはどうなっているのか?

不動産買取査定の新着情報

自粛中の、新築戸建の価格変更プライスダウンはどうなっているのか?

湘南土地家 井上です。

 

とうとう5月に入り、経営者的にはもう5月か・・・・、もう半年経ってしまう・・・・ですが、

個人的にはまだ5月1日、とりあえず非常事態宣言延長されそうだし早く6月になって終わってくれないかな~

 

と、気持ちが交差する今日この頃です。

 

 

そんな時期ですが、新築戸建の価格変更プラスダウンは行われていいます。

ここ3日間の、神奈川の主な市町村の新築戸建の価格変更された物件数を調べてみました。

 

3日間で、どれぐらい変更されていると思いますか?

こんな時期だから、価格下げるしかないだろうとか、あまり下げすぎると経営的にマズイから案外下げていないのではとか。

各売主にもいろいろな事情があるのは間違いないですから、何とも言えない部分もありますが・・・

 

・厚木市 8件

・綾瀬市 4件

・海老名市 20件

・寒川町 12件

・相模原市中央区 46件、緑区13件、南区25件

・座間市 16件

・茅ヶ崎市 28件

・平塚市 19件

・藤沢市 30件

・大和市 10件

・横浜市 戸塚区 24件、緑区 18件、旭区 24件、泉区11件

 

いかがでしょうか?

多い・少ない どう思われますか?

 

時期が時期ですので、私からみてもかなりお買い得な物件があります。

4月から、このた短期間で早くも2度目、3度目のプライスダウンも見られます。(通常ではまずないです)

5月を見越して、早めに勝負に出ている感じでしょうか。

 

また現在、金額交渉(値引・指値交渉)については、

特に新築戸建の完成・完成直前の物件については、買主(お客様)の方が立場上有利だと考えられますね。

下げきっていて(赤字覚悟)、これ以上は・・・という物件もあるかもしれませんが。

 

ただし、これから仕入れて販売する物件については、このような短期間で何度もプライスダウンするような事は通常ないと思われます。

そういう意味では、このような時期ですが、とても気になるお買い得物件があれば、不動産という同じものな2度と出ないモノですので、検討する場面を作っても良いかもしれませんね。

 

湘南土地家株式会社は、神奈川全域の不動産を取扱っておりますが、

この時期のメリットを活かし、不動産の購入・売却がお客様に有利に働くよう、提案・案内を行っております。

 

もちろん、内見の際にはコロナ対策はしっかりと行い、

内見が難しいけど気になる物件がある場合には、オンラインによる内見や、相談・打ち合わせ、

LINEやメール、郵送やFAXどのような形でも進めることが可能ですので、お気軽にお問合せください。

 

 


 

湘南土地家株式会社

神奈川県藤沢市朝日町11-2

フリーダイヤル:0120-33-8790

TEL:0466-53-8790  FAX:0466-53-8791

Mail:info@shonan-tochiya.co.jp

 

神奈川不動産買取査定センターとは?

神奈川県の不動産のみを特化して取扱う売却・買取りの専門店です。名のとおり、「神奈川」においてはどこよりも自信と情熱を持って、全力で買取りをさせていただきます。また、当グループでは、買取物件をリノベーションで価値を高めたり、目まぐるしく変わる増税時代へ対応する相続相談など、現代の多様化するライフスタイルやニーズに、全てお応えできる信頼される企業を目指してまいります。
トップページ新着・不動産物件更新情報「買取」と「仲介」の売却方法比較メリット査定実績不動産販売物件売却・買取りの流れQ&A会社概要簡単無料査定
CopyRight ©Shonan-Tochiya Inc. All Rights Reserved.