藤沢/神奈川の不動産査定・買取なら【神奈川不動産買取査定センター】

神奈川の不動産買取り
不動産査定のお問い合わせ
不動産のお問い合わせはこちら
トップページ > 不動産買取査定の新着情報 > エリアの需要

不動産買取査定の新着情報

エリアの需要

こんばんは、湘南土地家株式会社の岡崎です!

 

国土交通省は6月26日、「平成29年度国土交通白書」を公表した。
「国土交通白書」は、毎年度、
同省の施策全般に関する年次報告として閣議配布し公表しているもの。
今年は、約5,000サンプルを対象に国民意識調査を実施、
「働き方」「楽しみ方」「動き方」「住まい方」に分けて分析した。
 
それによると、「働けるうちは、できるだけ働きたい」と考える就労意欲は、
20代で32.1%、30代で37.9%、40代で39.0%、50代で40.6%、60代で65.7%、70代で72.5%と、
年代があがるにつれて高くなる傾向。働く上で重視することは年代によって多様で、
20~40代は「給与・賃金」、50~70代は「仕事のやりがい」を最も重視している。
 
また、働き方を変えるためには、「意識改革」、
「テレワークやフレックスタイム制等労働時間や場所の多様化」が特に求められており、
次に「高齢者、女性等の多様な人材の就業促進」や、「キャリアを継続できる人事制度」、
「技術革新による仕事の効率化」等があげられる。
 
居住地域に対する不安としては、三大都市圏では18.9%、
政令市・県庁所在地・中核市で17.3%、5万人以上市町村で25.2%、
5万人未満市町村では27.8%が「住民の高齢化や減少によりコミュニティの維持が不安」をあげている。
「公共交通が減り自動車が運転できないと生活できない」では、
三大都市圏で11.7%、政令市・県庁所在地・中核市で23.7%、5万人以上市町村で37.7%、
5万人未満市町村では44.3%という結果。
 
地方移住推進への希望を三大都市圏でみると、20代24.8%、30代13.6%、
40代12.1%、50代14.6%、60代12.1%という結果。20代の約4人に1人が、特に地方移住に関心があるようだ。
 
 
仕事と住まいは人生の中で、それぞれ本当に大切な要素です。
 
共存が理想ですが、どちらか一方しか満足がいかなく
不満を抱えている人は少なくないようです。
 
是非、仕事の支えになる住宅を。
希望の住宅への仕事を。
 
お手伝いさせてください!!!

神奈川不動産買取査定センターとは?

神奈川県の不動産のみを特化して取扱う売却・買取りの専門店です。名のとおり、「神奈川」においてはどこよりも自信と情熱を持って、全力で買取りをさせていただきます。また、当グループでは、買取物件をリノベーションで価値を高めたり、目まぐるしく変わる増税時代へ対応する相続相談など、現代の多様化するライフスタイルやニーズに、全てお応えできる信頼される企業を目指してまいります。
トップページ新着・不動産物件更新情報「買取」と「仲介」の売却方法比較メリット査定実績不動産販売物件売却・買取りの流れQ&A会社概要簡単無料査定
CopyRight ©Shonan-Tochiya Inc. All Rights Reserved.