藤沢/神奈川の不動産査定・買取なら【神奈川不動産買取査定センター】

神奈川の不動産買取り
不動産査定のお問い合わせ
不動産のお問い合わせはこちら
トップページ > 不動産買取査定の新着情報 > インスペクションの認知度

不動産買取査定の新着情報

インスペクションの認知度

こんばんは、湘南土地家株式会社の岡崎です!

 
「スマイスター」を運営するリビン・テクノロジーズ(株)は26日、
不動産売買時に必要な用語に関する認知度調査結果を発表した。
 
スマイスターを利用した20歳以上の男女150人が調査対象。
 
不動産売買で用いる用語について、
「内容まで知っている」「聞いたことがある」「知らない」の3択で回答してもらった結果、
「内容まで知っている」という不動産売買用語のトップ3は、
「買い取り」(37.3%)、「市街化区域・市街化調整区域」(27.3%)、「元金均等・元利均等」(23.3%)。
 
一方、「知らない」不動産用語のトップ3は、
「インスペクション」(85.3%)、「レインズ」(82.0%)、「スケルトン・インフィル」(81.3%)となった。
 
 
なお、「内容まで知っている」でトップになった「買い取り」でも
その割合は37.3%にとどまっており、不動産売買時に用いられる用語については、
全体的に認知度が低いということが浮き彫りとなった。
 
 

神奈川不動産買取査定センターとは?

神奈川県の不動産のみを特化して取扱う売却・買取りの専門店です。名のとおり、「神奈川」においてはどこよりも自信と情熱を持って、全力で買取りをさせていただきます。また、当グループでは、買取物件をリノベーションで価値を高めたり、目まぐるしく変わる増税時代へ対応する相続相談など、現代の多様化するライフスタイルやニーズに、全てお応えできる信頼される企業を目指してまいります。
トップページ新着・不動産物件更新情報「買取」と「仲介」の売却方法比較メリット査定実績不動産販売物件売却・買取りの流れQ&A会社概要簡単無料査定
CopyRight ©Shonan-Tochiya Inc. All Rights Reserved.